最新情報

4月20日(木)石井克典 ピアノリサイタル 豊洲シビックセンターホール

IshiF.jpg IshiiR.jpg

聴く人の心に語りかける魂のピアノ
独特の輝きを放つ、美しく澄み切った音で聴衆を魅了する
石井克典の初のFazioliコンサート

プログラムは以下の通り:
    グルック=スガンバーティ:メロディ   (オルフェオとエウリディーチェより)
    シューマン:クライスレリアーナ作品16
             ▷▷休憩▷▷
    バルトーク:ピアノソナタ(1926)        
    ショパン:夜想曲第13番ハ短調作品48-1
    フォーレ:夜想曲第2番ロ長調作品33-2
    ガーシュイン:ラプソディインブルー (ピアノ独奏版)

2017年4月20日(木)開演19:00、開場18:30
豊洲シビックセンターホール (地図
全席自由   価格 一般4,000円、学生2,500円
チケット発売開始2月10日(金)
現在弊社およびe+ (イープラス)にて先行予約受付中
チケットお申し込みは以下のフォーム、もしくはメール、お電話(03-6809-3534)
e+ (イープラス)  豊洲シビックセンターホール
東京文化会館チケットサービス (03-5685-0650、オペレーター対応) 営業時間 10:00~19:00(休館日除く)

チケットのお申し込み

お名前
フリガナ
メールアドレス (半角入力)
電話番号
郵便番号 - (半角入力)
ご住所
コンサート名
一般チケット枚数
学生チケット枚数
ご質問、コメント等

Angela Hewittアンジェラ・ヒューイット バッハ・オデッセイ2016~2020年

アンジェラ・ヒューイットは、壮大な「Bach Odyssey」(バッハ・オデッセイ) のプロジェクトを着想したとき、欧米だけではなく、日本でもこのコンサートシリーズを行いたいと考えました。

「バッハ・オデッセイ」(バッハ遍歴)は、全てのバッハのソロ鍵盤曲を、向こう4年間に12回のリサイタルシリーズで演奏するプロジェクトです。「当代随一のバッハ弾き」の呼び名の高いアンジェラ・ヒューイットの、ライフワークの集大成とも言えるもの。音楽的に非常に画期的かつ重要なシリーズと考え、弊社は株式会社日本アーティストと協力し、このシリーズを実現するに至りました。

既にニューヨーク、ロンドンで初陣を切ったシリーズ第1回・2回は、スタンディング・オーベーションで迎えられました。
日本では2017年5月29日(月)に第一回、5月30日(火)に第二回シリーズが紀尾井ホールで行われます。第三回と第四回は2017年の9月に予定しております。

弊社では良いS席のお得なセット券(両日)のお取り扱いをしておりますので、このページの下のフォームでお問合せ・お申し込み下さい。また、S席一日券のお取り扱いもございます。

西洋音楽の礎であるバッハの音楽の素晴らしさを、バッハの大家アンジェラ・ヒューイットの演奏でご実感頂ければ幸いです。

   (以下のチラシをクリックすると、大きくなります)
Angela Omote.jpg Angela Hewitt-ura-web1207-1.jpg

詳細は以下の通りです:


日時: 2017年5月29日と30日(月・火) 開演: 19:00(会場18:30)
場所: 紀尾井ホール
価格: S席:¥6,500 A席:¥4,500、学生券:¥3,000円、S席の2日セット券(29日と30日)のチケットは12,000円。12月10日より発売開始です

プログラム
5月29日(月)
幻想曲 ハ短調 BWV906
イタリア風のアリアと変奏 BWV989
2声のインヴェンション(15曲) BWV772-786
3声のインヴェンション(シンフォニア)(15曲) BWV787-801
カプリッチョ 変ロ長調 "最愛の兄の旅立ちにあたって" BWV992
カプリッチョ ホ長調 "ヨハン・クリストフ・バッハをたたえて" BWV993
幻想曲とフーガ イ短調 BWV904

5月30日(火)
フランス組曲 第1番 ニ短調 BWV812
フランス組曲 第2番 ハ短調 BWV813
フランス組曲 第4番 変ホ長調 BWV815
フランス組曲 第6番 ホ長調 BWV817
フランス組曲 第3番 ロ短調 BWV814
フランス組曲 第5番 ト長調 BWV816

チケットのお申し込み

お名前
フリガナ
メールアドレス (半角入力)
電話番号
郵便番号 - (半角入力)
ご住所
コンサート名
チケット枚数
ご質問、コメント等

2017年イタリアツアー(含むFazioli工場特別見学)3月19(日)~26日(日)

(以下の写真をクリックすると、PDFパンフレットが大きくなります)
朝日旅行PDF

2016年7月の「アンジェラ・ヒューイットの音楽祭とファツィオリ工場見学」の旅はとてもご好評だったため(こののツアーのご案内はこちらでご覧下さい)、朝日旅行社と再び一緒に、2017年3月に新しい特別な旅をご用意いたします。

今回のツアーの中心テーマはイタリアの誇る「楽器」です。ファツィオリ工場の詳細なツアーだけではなく、クレモナのバイオリンマスターの工房も見学します。イタリアに脈打つ楽器伝統と手作りの匠をご理解になれることでしょう。

しかし、イタリアですので、我々は料理に関しても大変なこだわりがあります。厳選されたレストランで厳選されたメニュー。さらに伝統あるワイナリーでワインテ‐スティングも行います。

面白いでしょうか?朝日ツアーのパンフレットをお読み下さい。

ご参加人数は定員がありますので、ご希望がございましたらぜひお早目に朝日旅行社にお問合せ下さい(Tel 03-6858-9822)。

ヒドラウ・テックベンチは日本の特許を取得しました

弊社はファツィオリピアノだけではなく、ヒドラウ・テックベンチの日本総代理店も務めております。

この度、4年前に日本で出願された特許が登録されました。


ヒドラウ・テックベンチはガス圧機能を持ち、上下の調整が手首に負担なく簡単に行えるため、演奏前のピアニストの負担の解消に大きな貢献をしてまいりました。全国の代表的なホールでも導入が進んでおります。

この画期的なコンサートベンチの詳細と開発の経緯はこちらご覧下さい。 
当ベンチにはスタンダードモデルとイタリアンスタイルと2種類あり、弊社ショールームにてお試しになれます。特許がありますので、真似は無理です!


Raul Patent.jpg

海老彰子ピアノリサイタル 豊洲シビックセンターホール 2017年1月27日(金)

 Ebipic.jpg                   ©武藤章       

1975年 ロン=ティボー国際コンクール第2位
1980年 ショパン国際ピアノコンクール第5位
ショパン国際ピアノコンクール審査員
前浜松国際ピアノコンクール審査委員長


海老彰子は世界的に活躍されている演奏家なので、なかなか日本の公演を聴く機会が少ないです。1月27日(金)19:00に日本の音楽愛好家も聴くチャンスが出来ました・・・ファツィオリで。

プログラムは以下の通り:
F. ショパン
     プレリュード嬰ハ短調op.45
     舟唄(バルカローレ) 嬰へ長調op.60
     即興曲全4曲
     バラード第3番変イ長調 op.47
F. リスト
     詩的で宗教的な調べより
     「祈り」
     「アヴェ・マリア」
     「孤独の中の神の祝福」
     「葬送」

2017年1月27日(金)開演19:00、開場18:30
豊洲シビックセンターホール (地図
全席指定 一般4,000円、学生2,500円  当日4,500円
チケット発売開始10月25日(火)より
現在弊社にて先行予約受付中
チケットお申し込みは以下のフォーム、もしくはメール、お電話(03-6809-3534)
e+ (イープラス) 
東京文化会館チケットサービス (03-5685-0650、オペレーター対応) 営業時間 10:00~19:00(休館日除く)
チラシをクリックすると大きくなります。

なお、弊社主催のコンサートにはチケット割引のシステムは設けておりません。お好きな席でお聴きになりたい場合は、お早めにチケットをお求め下さい。

チケットのお申し込み

お名前
フリガナ
メールアドレス (半角入力)
電話番号
郵便番号 - (半角入力)
ご住所
コンサート名
一般チケット枚数
学生チケット枚数
ご希望の席
(右,中,左,前,後ろなど)、
ご質問、コメント等





PAGETOP