ファツィオリ日記 ファツィオリ日記トップへ

チェンバロ+Fazioli

約3年前にチェンバロ職人島口孝仁氏が弊社の紹介でFazioli ピアノと同じ響板材,

イタリア・フィエンメ(Fiemme)渓谷の赤トウヒ(Abete Rosso)を購入されました。昨年末、同氏によるこの材料を使った最初のチェンバロが完成しました!5月16日に弊社ショールームでデモンストレーションコンサートが行われま した
IMGP0649.JPG
最初は永野光太郎さんによるファツィオリのF278の演奏から。
IMGP0636.JPG
の後、チェンバロ演奏に。チェンバロ演奏者は桒形亜樹子さんです。
IMGP0641.JPG
両方の手造り名器による、バロックから現代曲まの素敵な演奏に聴き惚れました

イタリア・フィエンメ(Fiemme)渓谷の赤トウヒ(Abete Rosso)はストバリバリウスにも使用されている材料ですが、やはり素晴らしい素材であることをさらに確信したコンサートでした。

次のショールームコンサートは6月12日の「ピアノとワインの試飲会」ですが、弊社のニュースをご覧下さい!

Enhanced by Zemanta

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://fazioli.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/155

ピアノフォルティ社の皆様、大変お世話になりありがとうございました。

当方ブログにもアップさせていただきました!

http://wetprofessor.blog115.fc2.com/blog-entry-561.html

コメントする

カテゴリ

PAGETOP