ファツィオリ日記 ファツィオリ日記トップへ

アンジェラ・ヒューイットの愛したFazioliピアノに哀悼の意を捧げます

Angela own piano.jpg




既に新聞記事などで報じられていますが、アンジェラが20年近く所有し、数々のコンサートでも演奏してきたファツィオリのコンサートグランドピアノF278 が運送事故に会い、その早すぎる一生を終えました。

事故から10日経った2月9日、アンジェラはファンに対しFacebookでこのニュースを発表し、多くの慰めの声が寄せられています。
アンジェラは、イタリアのウンブリアにも拠点を持ち、2020年に第16回目を迎えるトラジメノ音楽祭を毎夏開催しています。アンジェラのF278は、この音楽祭でも、連日色々な会場に運ばれて活躍しただけでなく、ヨーロッパの様々な都市のコンサートにも持ち込まれることも多かったようです。
さらに大きな打撃は、このピアノでCDを録音することはもうできないことです。アンジェラによると、2003年からのヨーロッパでの録音は全てこのピアノで行ってきたそうです。この事故は、1月にベルリンで行なわれたベートーヴェンのヴァリエーション録音直後のピアノの搬出時に起きました。落下によるピアノの損傷は、修復不可能なほどで、同じピアノを一から作り直すことも難しいそうです。録音が上出来で幸せな気持ちでいた時にもたらされたこのニュース、アンジェラの驚きと悲しみは計り知れません。

「本当にこのピアノが好きでした。私の一番の親友で、一番の同伴者でした。録音の最中のピアノの感覚がとても好きでした。私がやりたいことを全て可能にしてくれる、そのような感情をいつも持ちました・・・・・最近、ハンマー交換などリフォームをしたばかりで、最高の状態にありました。このベートーヴェンのCDを聴いて頂ければ、それが分かります。でも、もうそうではない。」と、アンジェラは悲しい心情を表しています。
アンジェラは、毎年二作ほどのペースでCDをリリースしていますが、結果的に、彼女の愛するF278で最後に録音されることになったこのCDは、今年11月に発売が予定されています。

実際に、このピアノで録音された数々のCDは多くの賞を受賞してきました。直近でリリースされたのは「バッハの6つのパルティータ」ですが、「Fazioli ピアノの音色と色彩のクォリティーの点からの一番お気に入りはドビュッシー」だそうです。
アンジェラは最後に「私のピアノがピアノの天国で幸せであることを祈っています」と、書いています。5月の「バッハ・オデッセイ最終章」のコンサートでは、この悲しい出来事を乗り越えて、また素晴らしい演奏を聴かせてくれることと確信していますが、今は、私どもも、アンジェラの悲しみに寄り添い、Facebookに掲載されたこの演奏の抜粋を聴きながら、彼女のピアノのご冥福を心よりお祈りしたいと思います。




以下はアンジェラのFacebookメッセージの全文です。

I feel ready now to share a very sad piece of news. It happened ten days ago, and has been such a shock to me that I didn't immediately want to share it with the world. For the moment I will just write this, and not comment further. At the end of my most recent CD recording sessions (Beethoven Variations in Berlin), when I was so happy with the results and feeling elated, the piano movers came into the control room (where I was finishing up with my producer) to say they had dropped my precious Fazioli concert grand piano. My very own that I have used for all of my CD recordings done in Europe since 2003 (and of course for many concerts). I couldn't believe it. Well yes, it happened, and unfortunately the piano, now that it has been inspected by Ing. Fazioli and his staff, is not salvageable. The iron frame is broken, as well as much else in the structure and action (not to mention the lid and other parts of the case). It makes no sense, financially or artistically, to rebuild this piano from scratch. It's kaputt. The movers of course were mortified. In 35 years of doing their job, this had never happened before. At least nobody was hurt.

I adored this piano. It was my best friend, best companion. I loved how it felt when I was recording--giving me the possibility to do anything I wanted. It was also the only F278 Fazioli in the world to have the 4-pedal mechanism (normally reserved for the F308 model). And It only recently had new hammers and strings put on it. You will hear on the Beethoven Variations CD (when it comes out in November, I hope) that it was in top form. Now it is no longer. For my festival this summer in Umbria, of course we will still have Faziolis--that goes without saying. And at least I have no recording scheduled in the next few months. But now there is all the insurance saga (hopefully this won't take long), and then I can choose a new one in Sacile when Mr. Fazioli has three of them ready for me. But what with his production schedule, and my touring around the world, this will take some months, I imagine. You can hear this piano on my most recent recording--the Six Partitas of Bach (BBC Music Magazine's Record of the Month, by the way), but also on so many others. One of my favourites for the sheer quality of sound and colour from my Fazioli is the Debussy CD, of which you can hear extracts here. I hope my piano will be happy in piano heaven.....

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://fazioli.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/530

コメントする

カテゴリ

PAGETOP