ファツィオリ日記

第18回ショパン国際ピアノコンクール レポート ワルシャワにて

2021年の第18 回ショパンコンクールは弊社にとって、大きな喜びで終わりました。
ファツィオリピアノをコンクール全ラウンドで演奏したBruce Xiaoyu Liu(ブルース・シャオユー・リウ、劉曉禹)が見事優勝を飾り、Martin Garcia Garcia (マルティン・ガルシア・ガルシア)が3位、Leonora Armellini(レオノーラ・アルメリーニ)5位と、ファイナルに進出したファツィオリ奏者3名全員が入賞を獲得したからです。ガルシアはコンチェルト賞も受賞しました。

ファツィオリ社が国際コンクールにデビューしたのは2010 年の同第16回コンクールでした。当時コンクール経験のない本社に委託され、日本チームが調律、アーティスト・リレーションなど全面的に担当しました。この時は、4名がファツィオリを選び、3名がセミファイナルに進出、ダニイル・トリフォノフが3位を勝ち取りファツィオリの音色の美しさを世界中に届けました。
その後、ファツィオリは数々の国際コンクールを経験し、今回のショパンコンクールでは、コンテスタントの8名がファツィオリを選定し3名がファイナルに進出、全員入賞・優勝を獲得しました。

非常に多くの方がネットで素晴らしい演奏を鑑賞されましたが、現地でサポートに当たった弊社アレック・ワイルより、コンクールの臨場感とエピソードをお届けしたいと思います。

コンクール会場

コンクールの会場となるワルシャワ国立フィルハーモニーホールは、約1,200席とあまり大きなホールではなく、ピアノからかなり近いところに審査員の席が設けられています。そのため、審査委員は非常に小さなピアニッシモでも良く聴こえる反面、些細なことも聞き漏らさず、わずかな違和感を煩わしく感じる可能性があります。

レオノーラ・アルメリーニのコンチェルトのリハーサル時に審査員席より舞台を撮影

続きを読む

中札内文化創造センター ハーモニーホール

中札内文化創造センター  ハーモニーホール

採用ピアノ  ファツィオリ F278
住所  北海道河西郡中札内村東4条南6丁目1−3
席数  487席

2020年に北海道のホールとしては初となるファツィオリを設置した中札内文化創造センター ハーモニーホールは、ギャラリーや図書室などを有する中札内村の文化教育施設内にあり、音響に優れた音楽ホールとして知られている。
中札内文化創造センターを管理運営する中札内村教育委員会の上田禎子氏に、同村が推進する音楽プロジェクト、ピアノ選定の経緯や導入後の状況について伺った。

続きを読む

弊社の越智晃が(8月30日号の)アエラ誌「現代の肖像」に掲載されました!

Aera Cover.jpg

今週のAERA誌で、弊社の技術者、越智晃が大きくフィーチャーされました。2008年のファツィオリジャパン設立時から、ファツィオリピアノの品質の維持・発展に邁進してきた越智。彼自身の歩み、また業界技術者の歴史も洞察され、興味深いです。ぜひご一読下さい。

AERA 2021年8月30日号にてお求めになれます。


アンジェラ・ヒューイットの第16回トラジメノ音楽祭 現地報告&ビデオ配信

イタリアのウンブリア州で7月23日より第16回トラジメノ音楽祭が開催されました。昨年は設立以来初めて開催が出来ない年でしたが、しばらくイタリアのコロナの状況が落ち着いていたのを機に、6月に急遽プログラムを組んで開催を決定したのはさすが、アンジェラならでは。ファツィオリジャパンからもスタッフを送ることが出来ました。
以下現地報告ですが、今年は参加できる人が非常に少なかったこともあり、各セッションのビデオ配信が決定されました。まるで現地に居るような臨場感満載のビデオコンサートです。公式サイトからご覧いただけます。

トラジメノ音楽祭公式サイト

4日間のミニバージョンとはいえ、例年のパターンを踏襲し、毎日異なるウンブリア地方の5つの中世の教会にファツィオリピアノを持ち込んでのコンサートでした。今年もアメリカなど海外からのコアのファンの顔もあり、皆で予期せぬ再会を喜び合いました。素晴らしい教会の絵画やフレスコ画の清廉な雰囲気の中、教会の暖かく柔らかな音響は格別です。

初日は、ペルージアのサン・フランチェス・ディ・ノヴェリ教会

Faz in Church.jpg

続きを読む

イタリア文化会館 東京  アニェッリホール

Auditorium con Fazioli.JPG

イタリア文化会館 東京  
アニェッリホール
Istituto Italiano di Cultura Tokyo
Agnelli Hall
採用ピアノ ファツィオリ F212
住所          東京都九段南2-1-30 
                   イタリア文化会館B2F
席数         372席
      
 
日本におけるイタリア文化の普及と日伊文化交流の振興を目的とするイタリア文化会館。長年にわたりイタリア文化・芸術の発信拠点となり、様々な文化・学術活動を通じてイタリアを多角的に紹介し、総合的な理解促進を図っている。2020年に同館アニェッリホールにファツィオリF212を導入。あまり知られていない現代のイタリアを紹介したい、という思いを持って多岐にわたるイベントを展開してきたカルヴェッティ氏にとって、ファツィオリは伝統的でありながら現代のイタリアを体現するものであった。数日後に4年の任期を終え、退任を迎えるカルヴェッティ氏に話を聞いた。 

続きを読む

反田恭平, 読響とともにシューマンピアノ協奏曲、東京・大阪バックステージ

6月19日・20日東京芸術劇場、6月22日大阪フェスティバルホールにて、反田さんがシューマンピアノ協奏曲を演奏しました。読売日本交響楽団指揮者はセバスティアン・ヴァイグレ氏。使用ピアノはF308です。反田さんが初めて臨む曲ということもあり、特別なコンサートとなりました。

18日に行われた最初のリハ―サルでのヴァイグレ氏と反田さんの様子をご覧下さい。
お二人で入念に打ち合わせをしながら、リハーサルを進めます。

20210619_130104.jpg
20210619_124632.jpg

二日にわたる東京でのコンサートは無事終了し、一日を挟んで大阪公演です。 その間にピアノを大阪まで運びました。大阪ではテレビ収録が行われるため、準備はいつもより複雑です。

続きを読む

カテゴリ

PAGETOP