ファツィオリ日記

ファツィオリジャパンは経団連会員企業?

ご存じの通り、日本経済団体連合会、通称、経団連は日本を代表する大企業を会員とする組織です。
日々頑張ってはおりますが、弊社の大きさではまだ会員資格はしばらく無理かな......

しかし、「月刊経団連」は弊社、特に弊社の調律師、越智晃の仕事に大変興味を持って下さいました。
同誌の10月号に越智の寄稿が掲載されました。


経団連のご許可を頂き、記事をシェア致します。ぜひご覧ください
(以下の記事をクリックしてお読み下さい。
もしくは両ページを同時に「PDFでダウンロード」してご覧になれます。)

p58-59-1.jpg p58-59-2.jpg

9月のFazioliは大忙し、ルービンシュタイン・ツアー、アンジェラとダニール!

9月2日~19日の間は、いつも忙しいファツィオリジャパンがさらにオーバーヒート。弊社チームが何手にも分かれ、多くのピアニスト、ピアノ運送とコンサートの対応に勤しみました。やっと一息。余り普段目にすることのないバックステージの写真を、皆さまとシェアする時間ができました。

1)ルービンシュタイン国際コンクール優勝者コンサートツアー

スタートは広島でしたので、勿論広島風お好み焼きが必要です!初日から日本に馴染んでいる様子。
20170903_154344(1).jpg

3人のピアニストが一緒にツアーすると、一番難しいのは練習スケジュール。毎日何時間も練習したい若きピアニスト達に、日本全国移動中も別々に場所を確保するのは、チャレンジです。

勿論、練習の時の洋服は舞台とは違い・・・

Szymon.jpg

当日は、広島日野自動車株式会社ピアノ部の皆様が、スムーズなホール運営をして下さいました。
IMG_1128 (1).JPG


キック・オフのメディアイベントでは、寺田悦子先生からとても素敵なご挨拶を頂きました。マエストロ・ルービンシュタインが審査員の第2回コンクールで3位入賞。(現在まで日本人では唯一の入賞者)。今年デビュー40周年を迎えられます!

tazakisensei.jpg

3人の若いピアニストは全国でとても人気になりました。
最後の一礼・・・
IMG_20170906_150828_1,.jpg  9.6 Szymon Nehring (1).jpg

若いファンと一緒に・・・
With boys.jpg

古谷誠一指揮者率いる、セントラル愛知交響楽団との共演は聴衆を興奮の渦に。
20170910-オーケストラ&ピアノコンサートR (140).jpg

ダニエル、エフゲニー、シモン、大変お疲れさま!
 043.jpg


2) アンジェラ・ヒューイット
アンジェラは昨秋、世界の主要ホールにおいてバッハの鍵盤音楽の全てを演奏する、「Bach Odyssey」(バッハ遍歴)を開始しました。2020年までの12回コンサートシリーズという壮大なプロジェクトです。9月は日本第2弾、オデッセイ3&4のリサイタルでパルティータ全曲。次回5&6は2018年5月22日&24日、平均律第1巻とゴルドベルク変奏曲全曲です。乞うご期待。

Angela on stage.jpg

包装して運び出される寸前のFazioli F278 を愛おしむアンジェラ。

20170916_160828.jpg


3) ダニール・トリフォノフ
ダニールが来日初日に豊洲シビックセンターホールを訪れました。かばんを置くのももどかしく、弾き始め。
実はこのピアノは、2年ほど前に同ホールのために彼がFazioli工場で選定したもの。数時間練習してピアノとホールに大満足。

20170912_132115.jpg

プロコフィエフ2番リハーサル中(読売日本交響楽団と)。
20170915_140139.jpg

回転寿司浸りの毎日でした。

daniil kaiten.jpg




ボリス・ギルトベルグによるショスタコーヴィッチ弦楽四重奏2番のワルツ編曲

ボリス・ギルトベルグは以下の編曲を自分の言葉で説明しています:

"A new video - Shostakovich's Waltz from String Quartet No. 2. I started arranging it for piano on a flight to Mexico, and couldn't think of anything else until it was done.  Hope you like it."

新しいビデオは・・・・・ ショスタコーヴィチの弦楽四重奏第2番からのワルツです。ソロピアノバージョンをメキシコへのフライトの中でアレンジを始め、それが終わるまで他のことは何も考えられなかった。お気に召します様に。」

素敵ですね!ぜひご覧ください。


ショパン誌:2017年ルービンシュタインコンクールのリポート・優勝者ツアー

ショパン誌からご許可を頂き、世界的なコンクール評論家のアーリンク明美さんによる、臨場感に溢れるコンクールレポートを掲載します。これを読めば「非常にレベルが高かった」と評された、第15回ルービンシュタイン国際ピアノコンクールの全貌が分かります。

各々のコンサートの詳細は、以下の四つのURLでご覧ください:

9月4日(月)14:00 広島県民文化センター
優勝者シモン・ネーリングと第2位・聴衆賞ダニエル・チョバヌの
日本デビューリサイタル


9月6日(水)東京、豊洲シビックセンターホール 
昼の部 13:00  夜の部 19:00 完全別プログラム

        
9月8月(金) 19:00 岩手県北上市交流文化センタ― さくらホール、大ホール 

9月10日(日)15:00 福井県美浜町生涯学習センター なびあすホール
ピアノ協奏曲が聴けるのはここだけ!シモン・ネーリングがショパン協奏曲 #1を弾きます


(以下のイメージをクリックすると、大きくご覧になれます)
034_039_CP1707_topics01_0629-1.jpg

034_039_CP1707_topics01_0629-2.jpg

034_039_CP1707_topics01_0629-3.jpg




カテゴリ

PAGETOP