ファツィオリ日記

ディーナ・ヨッフェのショパン誌インタビュー、コンサートに向けて

ショパン誌2016年5月号に、以下のインタビューが掲載されています。今週末に迫った、ディーナ・ヨッフェの五年ぶりの待望コンサート。
ディーナの人柄や意欲的なプログラムを垣間見ることができます。

4月24日福井美浜町

4月26日豊洲シビックセンター

掲載許諾を下さったショパン誌に感謝を申し上げます。

(イメージの画質が足りない場合、イメージをクリックして下さい。)

dina chopin interview.jpg


名教授ヴェラ・ゴルノスタエヴァ ピアノメーカーを語る

ロシアのテレビ、カルチャーチャネルでヴェラ・ゴルナスタエヴァ先生(Vera Gornastaeva)とパーヴェル・ネルセシアン先生(Pavel Nersessian)の「音楽におけるロマン派の時代」、という座談会(2011年11月録画)を最近偶然見つけました。

二人の偉大なピアニスト・教授の座談会はとても内容が濃く、引き込まれるように見ていました。話がピアノに及び。。。
非常に珍しい内容なのでご紹介したく、ピアノに関する部分1.5分に日本語字幕を付けました。
ぜひご覧ください!

また、ロシア語がお分かりになる方は、全部をお勧めします。

なお、ヴェラ先生の大切な弟子で弊社の友人、ディーナ・ヨッフェが4月に、5年ぶりに日本でコンサートを演奏します。
ディーナは先生の訃報に接した時(2015年1月)、偶然弊社のショールームのイベントに出席中でした。その時に、日本でヴェラの追悼コンサートをしたいと語っていました。

このコンサートは偉大な師ヴェラ・ゴルノスタエヴァに捧げます・・・
詳細をご覧下さい:

4月24日 福井県美浜町

4月26日 東京(豊洲シビックセンターホール)     


(ビデオが再生出来ない場合は、YouTubeでもご覧になれます。)

赤ちゃんと一緒にピアノリサイタル?可能になりました!

泣いてる赤ちゃんはピアノリサイタルには不向き。


しかし、ご両親が可哀相でしょう?

弊社ではこの問題を理解しましたので、4月26日のディーナ・ヨッフェのピアノリサイタルでは、「イベント託児Mother's」 のサービスをご用意致しました。

当コンサートご参加を希望される方は、託児Mother'sに4月23日までに直接ご連絡して下さい。一晩の委託料は 0~1歳児 2,000円、2歳児以上 1,000円です。コンサート会場までお子さんと一緒にいらしてください。館内の一室で、熟練のシッターさんがお子様のケアを行います。

まずは、お電話でお問合せ下さい(0120-788-222)。

ラウロが米国の特許を取得

Raul Picture.jpg

Raul Romera Carrion(「ラウロ」)はスペインのヒドラウモデル社の社長だけではなく、発明者でもあります。素晴らしいピアノベンチの発明者!

実は、色々な会社が油圧・ガス圧式コンサートベンチを販売しています。これらのベンチには一様に多くのメリットがあります。特に、ピアニストの手首に負担がかからないし、高さの変更のために力が要りません。

しかし、他のベンチは一本のガスシリンダーのみで支えられてるので、構造的に難しいだけでなく、雑音が出やすいです。

ラウロは数年の集中的な研究開発の末に、非常にしっかりした設計を考案しました。ガスシリンダー2本を使用しているので、構造的、バランス的にも問題をクリアーしています。

既にヨーロッパでは特許を取得していますが、最近米国の特許も登録しました。日本の特許の取得も近いそうです。

ヒドラウ・テックベンチのことをもっと知りたいですか?ラウロのストーリーも載っています。

実は全国のホールに続々と導入されています!コンサートホールでの座り心地を、ご自身のピアノでもいかがでしょうか?

SCANNED USA PATENT HIDRAU TECH 1-page-001.jpg  SCANNED USA PATENT HIDRAU TECH-page-001.jpg

カテゴリ

PAGETOP