ファツィオリ日記 ファツィオリ日記トップへ

テルアビブから宜しく!2014年ルビンシュタインコンクール(1)

おそらく今年の国際ピアノコンクールの一番のハイライトはルービンシュタイン国際ピアノコンクールでしょう。ファツィオリ初デビューの当コンクールにおける技術・アーティスト関係を、日本チームが担当しております。


テルアビブは素敵な街です。海岸が綺麗なうえに、料理もとても美味しい・・しかし観光の時間は有りません。
20140510_153914.jpg 20140510_160618.jpg 20140510_153922.jpg
コンクールで使用される FazioliはF278ですが、昨年末ダニール・トリフォノフ (Daniil Trifonov) がサチーレの工場で選定しました。ダニールは前回の自らのルービンシュタインコンクールの経験から、ホールの音響のために一番良いピアノを選びました。当ホールの音響は非常にデッドですので、とても元気な楽器が必要です。

かなりの時間を掛けピアノの準備をしました。その後、昨日(5月10日)ダニールがピアノを弾き、調整の希望を伝えてきました。さらに調整後、ダニールからパーフェクトのお墨付き!安心です。

今回の舞台にはファツィオリとスタインウェイの2台だけなので、準備には気合いが入ります!

本日はオープニングコンサートのリハーサルでした。下の写真をご覧ください。当コンクールの入賞者David FungとRoman Rabinovichが, 
バルトークの2台のピアノと打楽器のためのソナタを練習しています。
20140511_095431.jpg 20140511_095628.jpg

そして、下の写真はストラヴィンスキーの「結婚」(ピアノ4台、歌のソロ、合唱、パーカッションのため)のリハーサルです。

20140511_112633[1].jpg
明日はダニールのゲネプロ、楽しみですね!

演奏(5月13日の夜)はネットで放送します。コンクールのHP
で是非一緒にご鑑賞下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://fazioli.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/214

コメントする

カテゴリ

PAGETOP