ファツィオリ日記

プロメテウス

今世紀の終りには、ピアノはどのように進化しているでしょうか?モダンなデザインのFazioliピアノの様でしょうか。

リドリー・スコットが監督するエイリアンシリーズの最新映画『プロメテウス』にFazioliピアノが使われています。西暦2089年を背景としたSFですが、現代のFazioliの「M. Liminal」ピアノが未来感をかもし出しています。


以下の写真は映画からのシーンです:
2089年まで待てなくてもいいですよ。M. Liminalのご希望があれば、お問い合わせ下さい。

154.jpg


153.jpg

ピアノ+ペダルボード

オルガンと同じようなペダルハープシコードはとても古いアイディアで、1400年代に最初の楽器が製作されました。例えば、バッハも練習のためにペダルハープシコードを使いました。オルガンの練習のためには蛇腹(ベローズ)を踏む人が必要でしたので、ペダルハープシコードはとても便利でした。

昔のペダルハープシコードを以下のビデオでご覧下さい。

ペダルボードの専門ピアニストRoberto Prosseda氏は最近パオロ・ファツィオリにペダルボード付きコンサートグランドピアノの製作を依頼しました。Fazioli工場で用意されたこの特別な一台を以下の写真でご覧下さい。

楽器としては非常に面白いですが、ピアノ運送屋さんには悪夢ですね!

144.jpg

145.jpg

146.jpg

147.jpg

148.jpg

149.jpg

2012年4月29日、サントリーホール

28日の土曜日はチャイコフスキーの一番コンチェルトでオペラシティー、日曜日はラフマニノフ3番コンチェルトでサントリーデビュー・・・サーシャ・ルビャンツェフはタフなピアニストですね!実は、東京のコンサート前に福井と大阪でも同じコンチェルトを弾きました。つまり四日間連続ピアノコンチェルトでした!

以下の写真は本日の公演のリハーサルの時に撮りました。指揮者は西本智実氏です。

141.jpg


142.jpg

143.jpg



2012年4月28日、オペラシティー

本日、アレクサンドル・ルビャンツェフが指揮者西本智実とベラルーシ国立交響楽団と一緒にチャイコフスキーピアノコンチェルト1番を演奏しましたが、その前にリハーサルがありました。写真をご覧下さい。

138.jpg

139.jpg

140.jpg

明日はサントリーホールでラフマニノフピアノコンチェルト3番です、楽しみに!




カテゴリ

PAGETOP