最新情報

ハービーハンコック、ブルーノート 東京8月31日・9月1日

Herbie2016.jpg

ブルーノート 東京でJazz Legendのハービーの生演奏をお楽しみ下さい。ハービーですので、もちろんファツィオリです。

HERBIE HANCOCK QUARTET
featuring James Genus,Trevor Lawrence Jr. & Terrace Martin
ハービー・ハンコック・カルテット
featuring ジェームス・ジナス、トレヴァー・ローレンスJr. & テラス・マーティン

2016 8.31 wed., 9.1 thu.
Open6:30pm Start8:00pm ★本公演は1日1ショウのみ

MUSIC CHARGE:¥38,000(税込)

お問合せ: http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/herbie-hancock

Herbie Hancock (Fazioli piano,keyboards)
ハービー・ハンコック(ピアノ、キーボード)
James Genus(bass)
ジェームス・ジナス(ベース)
Trevor Lawrence Jr.(drums)
トレヴァー・ローレンスJr.(ドラムス)
Terrace Martin(sax,keyboard)
テラス・マーティン(サックス、キーボード)

ジャズの巨匠が、ケンドリック・ラマーのプロデューサー
として活躍する新鋭を含むグループで登場

通算14回グラミー賞を獲得、2011年からはユネスコ大使としてもジャズの普及・啓蒙に力を注ぐキーボード奏者、ハービー・ハンコックが奇跡のクラブ再登場を果たす。アコースティック・ジャズの真髄『処女航海』や『スピーク・ライク・ア・チャイルド』、ジャズ・ファンクの先駆『ヘッド・ハンターズ』、ヒップ・ホップをいち早く取り入れた『フューチャー・ショック』等、無数の金字塔を打ち立ててきたカリスマ。時代の先をゆく音楽性はジャンルを超えてリスペクトされている。今回はケンドリック・ラマ―のプロデューサーとしても知られるテラス・マーティンら気鋭を含むニュー・バンドによるステージ。どんな新世界をクラブに響かせるのか、期待は尽きない。

imaginecover.jpg

『イマジン・プロジェクト』
(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)

joniletters.jpg

『リヴァー〜ジョニ・ミッチェルへのオマージュ』
(ユニバーサル ミュージック)

<MEMBER>

★ジェームス・ジナス(ベース)
13歳の時にギターからベースに転向。'80年代後半にニューヨークに進出し、ジョン・ファディス(マッドリブの叔父)、ブレッカー・ブラザーズ、ボブ・ジェームスらと共演。ダフト・パンクのメガ・ヒット・アルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』にも参加している。ハービーのバンドには2008年から在籍、グルーヴ感あふれるベース・ラインでファンを魅了する。

★トレヴァー・ローレンスJr.(ドラムス)
マーヴィン・ゲイ、B.B.キング等と共演したサックス奏者トレヴァー・ローレンスの息子。13歳の時にディジー・ガレスピーとセッションを行ない、その後はマライア・キャリー、ジェニファー・ロペス、ドクター・ドレー等もサポート。ハービーのバンドには2010年に加入した。R&B/ヒップホップ/ジャズをまたにかける、現在最も売れっ子のドラマーのひとり。

★テラス・マーティン(サックス、キーボード)
ケンドリック・ラマ―のグラミー受賞作『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』で重責を担い、スヌープ・ドッグからも絶大な信頼を受けるプロデューサー/サックス奏者。ロバート・グラスパーやカマシ・ワシントンを迎えたソロ・アルバム『Velvet Portraits』は米国のジャズ・チャートで初登場第2位を獲得、ハービーとのケミストリーも大いに期待される。

Dr.神田、藤村政芳とCise、豊洲シビックセンター、8月11日(水・祝)

kandacise1.jpg
「山の日」に2000mの頂上に行けない方々のために、涼しい豊洲シビックセンターホールの素晴らしいコンサートをお勧めします。

Dr.神田と藤村政芳とCiseは、弊社のショールームでも何回か演奏をされ、弊社のサイトでもその素晴らしい演奏をご紹介しております。人気上昇でついにスペースが足りなくなりましたので、今後のコンサートは豊洲のファツィオリで行います。

詳細:
豊洲シビックセンターホール (地図
2016年8月11日、2回公演
     1) 開場13:30、開演14:00
     2) 開場18:30、開演19:00
入場料: 前売権 2000円、 当日券 2,500円
チケットのお問合せ: officekanda2014@yahoo.co.jp
                              050-5307-1920
                              チケットぴあ(Pコード: 298003) 又はお電話 0570-02-9999

        プログラム
J. ブラームス 弦楽四重奏曲第1番 ハ短調 Op. 51-1
Johannes Brahms String Quartet No.1 in C minor

R, シューマン ピアノ五重奏曲 変ホ長調 Op. 44
Robert Schumann Piano Quartet in Eb Major

ぜひ一緒にお楽しみ下さい! 以下はチラシの裏側とYouTubeのプレビューです:

cisekanda2.jpg



Fazioli創始者パオロ・ファツィオリ、Cavaliere(伊騎士)の称号を受賞 

PRESS RELEASE - - FOR IMMEDIATE RELEASE
Paolo Canada pic reduced.jpg 290px-IT_Knight_of_Labour_Insignia.jpg
2016年5月31日、 ローマ
Fazioliピアノ創始者パオロ・ファツィオリ、Cavaliere (カヴァリエーレ・騎士)の称号を受賞 

イタリア共和国建国記念日に際し、パオロ・ファツィオリはイタリア共和国大統領セルジョ・マッタレッラ氏によりCavaliere del Lavoro (労働騎士勲章)の称号を授与されることになった。この称号は、産業界の優れた功績に対して贈られる勲章。

パオロ・ファツィオリは独自の音を持つ、技術革新に裏付けられた最高品質のピアノを作る夢を追い、長年の研究開発の末1979年に最初のピアノをフランクフルトメッセで世に出した。この新しいブランドは発表直後から、大センセーションを起こし、1981年にはFazioliピアノフォルティ社を設立。今や、100-150年以上の伝統を持つピアノに並び、世界のトップグランドピアノの位置を占めるようになった。近年では、ショパン国際ピアノコンクールやチャイコフスキー国際ピアノコンクールをはじめとする、主要国際ピアノコンクールの公式ピアノに次々と採用されている。また、コンサートでファツィオリピアノをリクエストする世界トップピアニストも急増している。

今回の受賞は起業家としての功績と優れたピアノ製造の功績を称えられたもの。

パオロ・ファツィオリはこの知らせに対し、次のように述べている。
「栄誉ある称号を頂き、光栄に思います。この授与は私の仕事だけでなく、私のチーム全体の仕事を認めて頂いたお蔭です。これからも、チームと一緒に最高の品質を追求し続けていきます」。

6月11日15時  NHK-BS1で「もう一つのショパンコンクール」再放送

stage.jpg


大変人気になった番組、「もうひとつのショパンコンクール~ピアノ調律師たちの闘い~」が今度はNHKのBS1で放送されます。6月11日午後 15:00のスタートです。

この機会をお見逃しなく!

NHK の情報・口コミをご覧下さい。


アレクセイ・リュビーモフ 5月18日豊洲ピアノリサイタル 古典から現代曲まで

105回Lubimov3 (1).jpg

         

ロシアンピアニズムの祖、ネイガウスの最後の弟子・最後の巨匠、古楽のヴィルトゥオーゾにして、コンテンポラリー音楽のスペシャリスト、アレクセイ・リュビーモフが奏でるクラシツクの現代。

クラシックピアノのコンサートで今を生きる作曲家の曲を聴くことは稀でしょう。
現代の秀作を、その素晴らしい伝道師により聴くことのできる、またとない機会です!

リュビーモフが傾倒する、同時代のソビエトを生きたウクライナの作曲家V.シルヴェストロフと、 エストニアの作曲家A.ペルトの劇的な響きと抒情的な響きが織りなす、繊細で叙情のある美しい音楽に心打たれることでしょう。

2016年5月18日(水) 19:00開演(18:30開場) 豊洲シビックセンターホール
チケット: 全席指定 一般6,000円/学生3,000 円 発売:2016年3月10日

チケット取扱い:弊社e+ 豊洲文化センター   
 
     プログラム
C.P.E.バッハ: 幻想曲嬰ヘ短調Wq67H.300
A.ペルト:     パルティータ2番、アリーナのために
V.シルヴェストロフ:ソナタ2番
C.ドビュッシー:  プレリュード(雪の上の足跡、ミンストレル)、喜びの島
W.A.モーツアルト: ソナタ第9番ニ長調K311、幻想曲二短調K397

リュビーモフの魅力を満喫するコンチェルトとソロリサイタルのセット券を特別価格で
また、リュビーモフは5月21日、東京ニューシティ管弦楽団第105回定期演奏会でストラヴィンスキーのピアノと管弦楽の協奏曲とハイドンのニ長調ピアノコンチェルトOp. 21 Hob.ⅩⅧ-11を演奏します。
コンチェルトS席6,500円とソロコンサートのセットチケットを10,000円でお求めになれます。
取り扱いは弊社もしくは東京ニューシティ管弦楽団です。

お待ちしております!

PAGETOP